このエントリーをはてなブックマークに追加

意外と骨折が多いトイプードルに最適な餌とは?

トイプードルと言えば、毛も抜けにくく穏やかで人懐っこい性格といこともあって室内犬として大人気の犬種です。

クルクルとカールした愛らしい毛につぶらな瞳が非常に魅力的な子犬で、実際に飼っている人も多いのではないでしょうか。

そんなプードルですが、ブリーダーが飼育するうえで注意しなければならないこととして、骨折が挙げられます。

個体ごとの大きさや体質の差もありますが、全般的にプードルは骨が細く、関節等も弱いため簡単に骨折してしまうことがあります。

とくに生後間もない子犬の場合は注意が必要です。

ソファの上から飛び降りたり、フローリングで滑って転んだだけでも骨折してしまうようなケースも珍しくなく、特に幼犬やシニア犬はその傾向が強いので注意が必要です。

一度骨折してしまえば完治するまで時間がかかりますし、その間は散歩なども控えなければならないので愛犬にストレスも溜まってしまいます。

そのような状態を避けるためにも、トイプードルにはソファなど高い場所で遊ぶ癖を付けないようにしたり、滑りやすいフローリングにはラグやジョイントマットなどを敷くなどの対策が必要になります。

骨折は治療がうまくいかなければ後遺症として不調が残ってしまうこともあるので、決して楽観視できるものではありません。

骨を丈夫にするためのグルコサミンやビタミン成分を配合した健康志向のドッグフードなども販売されているので、毎日の食事から対策を行うこともできます。できるだけ骨折することのないように、飼い主が日ごろから十分に注意してあげるようにしましょう。

骨折予防、関節サポートのためにトイプードルにはグルコサミン入りのドッグフード

犬は大型犬も小型犬も、関節を傷めてしまう子が多いです。

大型犬の場合は自分の体重を支えているうちに関節がすり減り、小型犬の場合は関節が非常に小さく脆いのでちょっとした高さから落ちたり転んだりしただけでも関節が損傷してしまいます。

このような事態を防ぐためにはダイエットをしたり危険な場所に行かせないようにすることが必要ですが、毎日口にするドッグフードを活用して関節サポートを行うという方法もおすすめです。

関節にはもともと潤滑油やクッションのような役割を果たしているのですが、その成分を補強するために役立つのがグルコサミンという物質です。グルコサミンは、関節に生じた炎症や損傷を修復していく作用を持っており、十分に食事から摂取することでサポート機能を高めることができます。

ただ、グルコサミンがしっかり配合されたドッグフードは安価な商品の中にはあまりありません。配合するには技術も必要ですし、そもそもグルコサミンがある程度コストが高いので、グルコサミンを配合する種類のドッグフードは料金が高くなってしまうことが多いです。

お金はかかりますが、グルコサミンは関節にとって非常に有効な成分なので、できれば十分に配合されているドドライドッグフードを与えてあげるようにしましょう。

商品によっては、グルコサミンだけでなく他の様々な健康成分が含まれた無添加のドッグフードなども販売されているので、より良いドッグフードを探している場合は試してみましょう。

トイプードルに消化の良い穀物不使用のドッグフードを選ぶメリット

犬はどんなエサもよく食べるというイメージがありますが、実は小麦などの穀物類はうまく消化できない体質であることをご存知でしょうか。

もともとオオカミを祖先に持つ犬は肉食の動物であり、穀物類を上手に消化吸収することはできません。

しかし市販のドッグフードには栄養価を高めたり腹持ちを良くするため、こういった穀物類や炭水化物が一般的に使用されているのです。

体質的に合わない食べ物を継続して摂取した場合、皮膚に湿疹が出たり消化不良を起こして下痢が続く、涙やけが悪化するといったアレルギー反応が現れてしまうことがあります。

アレルギーが起きているのにそのドッグフードを食べさせ続ければ、やがて大きな疾患に悪化してしまったり、治療が非常に難しくなる可能性もあります。

それを防ぐために作られたのが、犬にとって負担になる穀物類を一切使用していないグレインフリーのドッグフードです。

小麦だけでなく大豆やトウモロコシなど、一般のドッグフードに使われがちな穀物を使わず、他の材料を用いて栄養や腹持ちを補っています。

これにより、アレルギー体質の愛犬も体調を心配することなく毎日しっかり栄養のある食事を摂ることができ、健康に長生きしてもらうことができるのです。

このようなドッグフードは国内産のものはあまり多くなく、ほとんどイギリスなどの海外産の輸入ものに頼ることになりますが、むしろ海外の方がペットフードに関する安全管理意識は高いので安心です。

愛犬の健康のためにも、積極的に選んであげたいものだと言えます。

トイプードルに無添加のドッグフードを選ぶメリット

私たち人間の食べ物もそうですが、加工食品には品質や鮮度を保つために酸化防止剤や合成着色料などの添加物が多く使用されています。

製造後もある程度味を守り、劣化を防ぐためには必要不可欠なものなのですが、残念ながら健康の面から考えればマイナスでしかありません。

これはドッグフードでも同じことが言え、愛犬が毎日口にする食べ物にも気を使ってあげることが大切です。

人間の場合は食べ物への安全基準や管理体制が非常に厳しく、添加物の質や量も厳しくチェックされているのですが、犬の場合はそこまで徹底した安全管理が成されていません。
ドッグフードの原材料や添加物に得体の知れないものが使用されていることもあり、食べさせ続けていると身体に悪影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

こういった事情から、最近では愛犬向けに人工の添加物を一切使用していないドッグフードも開発されるようになってきました。

ペットの健康意識が非常に高い欧米諸国で製造されたものがほとんどですが、天然成分由来の物質を添加物の代わりに使っているものが多く、健康への不安を感じることなく食べさせることができます。

原材料も厳選されており、不安の声が大きい肉副産物や穀物類などを使用していないものもあります。

こういったものを食べさせておけば毛並みも良く健康に長生きさせてあげられる可能性が高まるため、非常に大きなメリットだと言えます。

健康志向のドッグフードは一般的なものより高価ですが、健康と安全はお金では買えないので検討する価値はあります。

ページの先頭へ